肌の悩みを改善しよう|シミ取り施術の相場価格を紹介

綺麗な肌を手に入れるため

カウンセリング

種類を把握することが大切

顔にできるシミにはいくつかの種類が存在し、それぞれ発症する要因や形状などが異なります。シミ取りを行う場合は、まず自分の顔にできたものの種類を把握し、それに合った適切な治療を受ける必要があります。最も一般的なタイプは日光性色素斑です。大きさは5mmから1cmほどで、顔であれば頬の周辺、身体には全体的にできやすい傾向にあります。30歳を超えた辺りから増え始めます。主に紫外線を浴びることで発生するメラニン色素が、表皮の細胞が老化することにより沈着し、定着したものです。特徴は境界がくっきりしていることで、隆起する場合もあります。女性に多く見られるのが肝斑です。左右対称となって現れるのが特徴で、境界がぼんやりとしていて薄く、褐色です。目の下周辺から骨上にできやすく、離れたところからは三日月のように見えます。年齢は30〜40代に多く、妊娠後期や更年期に入った女性に発症しやすいと言われています。紫外線や外部からの刺激が影響しており、女性ホルモンも関係していると考えられています。くすみは肌が全体的にツヤを失っている状態のことを指します。原因は過剰なスキンケアが招いた乾燥や生活習慣の乱れなどです。また、ターンオーバーが乱れて古い角質が肌に蓄積されていくと、顔がくすんで見えます。シミは紫外線だけではなく、ニキビの炎症からも発症することがあります。ニキビの炎症が治まってから1ヶ月前後で色素沈着が起こった場合、褐色や赤味が残ります。要因としては過度な刺激によりメラニンが過剰生成されたからです。クリニックでシミ取りを行う際、いくつかのタイプが肌に混在している人は注意しなければいけません。数種類を同時に取り除く場合は画一的な治療ではなく、複数のプランを並行して進めていく必要があります。そのため、混在している人の場合はシミの知識が豊富な熟練医師のいるクリニックで治療を受けることをおすすめします。きちんとシミを判別して正しい治療法を行えば、劇的な改善が期待できるでしょう。また、シミは日頃のスキンケアによって発生してしまうケースもあります。治療を開始する前にカウンセリングを実施するクリニックを選ぶことで、普段の生活がどの程度シミに影響を与えているかを判断した上で進めてくれるので、治療効果が高くなります。シミによって特徴や発生要因は様々です。綺麗に取り除くためにも、まずは自分にできているシミの状態をしっかりと把握することが大切と言えるでしょう。

Back to Top