肌の悩みを改善しよう|シミ取り施術の相場価格を紹介

メラニンの塊を取る為の策

カウンセリング

メラニンに対処していく

シミは一度できてしまうと簡単に取れません。セルフケアで対処しても長い期間を必要としますが、解決するという保証も無いのが問題点です。シミは幾つか種類がありますが、大体はメラノサイトが原因で表皮にまで浮かび上がります。茶色い歪んだ形の色素が沈着したものはポピュラーであり、一生残るデメリットがあります。何らかの対処をしない限りはシミは残存したままですから、美容整形外科や医療系のエステサロンで速めに解決すべきです。美容整形外科でのシミ取りは、幾つか手段あるのが大きなポイントになります。簡単に除去できるやり方もあれば、長期間は必要とする施術、飲み薬や塗り薬(医薬品)で対処するなど、様々です。一番素早くてストレスも少ない手段は「レーザー治療」になります。シミ取りの中では簡単、スピーディー、直ぐに終わるというメリットが3つあるのは強みです。しかし、注意すべきところは広範囲のシミにレーザーは不向きであり、仮に光を照射して消しても、大きなクレーターが出来てしまう可能性は無視できません。全てに利害があり、即効性がある施術にもリスクがあります。簡単にレーザーでシミ取りできる変わりに、クレーターが出来てしまう恐れが問題点です。しかし、医者が施術後に対処してくれますが、対策は徹底しています。レーザーでシミを除去したあとに、塗り薬や飲み薬をくれるはずです。その理由はクレーターが出来ないようにするため、皮膚の再生を速める目的で処方します。医療系レーザーは、ほとんど一瞬でメラニンの塊であるシミを消します。しかし、代償はあるという事を認識した上で利用しましょう。他のシミ取り手段は「医療系のフェイシャルエステ」です。美容整形外科は顔を変えるためにメスを入れたり、注射をしたりするハードで痛いイメージがありますが、実際はそうでもありません。現代の医療業界は常に進化しながら変化していますから、美容よりの施術も提供している美容整形外科、皮膚科、クリニックは増えてきています。シミ取りの医療系フェイシャルエステは、一般的なエステティシャンのやり方と違うのがポイントです。ハイドロキノンや特殊な改良型ビタミンC誘導体、医療現場のみで使用されているプロ系のプラセンタ原液などを取り揃えていて、贅沢にシミが出来ている箇所に使います。クリニックにもよりますが、使う物の品質や効果、リスクの少なさは保証されるのがポイントです。普通のエステと決定的な違いは使うアイテムと医療技術が有るか無いかの問題です。一番時間がかかるやり方は「医薬品の利用」になりますが、これは長期間連用しなければ意味がありません。

Back to Top